top of page
IMG_5444トリミング.png
灯ろうロゴ横_白影あり.png

Hirose River Lantern floating​

〜光と水と​コンサートの夕べ〜

~  An Evening of Light, Water, and Concert ~

2024.8/20 (Tue)

13:00〜20:30

​第35回 広瀬川灯ろう流し開催情報は
現在準備中です
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

【2023年 第34回広瀬川灯ろう流し ドローン撮影映像】

【撮影・編集】

有限会社 dindia

ドローンスクール フライヴ

合同会社AoSoLa

And.TKY 合同会社会社

■ Instaglam

IMG_5436.jpeg

​■ 広瀬川灯ろう流しとは・・・

About  Hirose River Lantern floating​

〜きっかけは江戸時代~

宝暦・天明・天保の時代・・・数度に亘る冷害や大凶作によって、仙台・伊達藩を含む東北では数十万人が飢餓で亡くなりました。伊達藩のみならず藩外からも多くの人が食を求め、この広瀬川付近に集まりました。そこで、伊達藩では広瀬橋近くに救助小屋を設け、「かゆ」を振舞うなどのできる限りの施策を取りました。しかし、数拾万人とも伝えられるほどの多くの人がそこで衰弱し、最期を迎えました。

この様な非業な死を遂げた人々を供養するため、「伊達家第七代 重村公夫人」の観心院が広瀬橋のたもとに桃源院を開基し、灯ろう流しをはじめたと伝えられています。以来、盂蘭盆7月16日に水難の霊を弔う“川施餓鬼”供養の慣例に従い、毎年灯ろう流しが続けられてきました。

〜現代の灯ろう流し〜

 

江戸時代から引き続き灯ろう流しは行われ、昭和に入ると花火大会も同時に開催されるなど、「夏の終わりを告げるの風物詩」として親しまれるようになり、当時の仙台市内有数の夏祭りとなりました

昭和53年に一時中断を余儀なくされたものの、「夏のにぎわいを取り戻そう!」と市民が立ち上がり、平成2年に復活。歴史と由緒のあるこの行事を地域の伝統にしていきたいという思いから、広瀬川を囲む長町・河原町商店街、町内会が運営の中心となり、旧暦での仙台の送り盆にあわせ毎年8月20日に開催しています。

故人を偲ぶ灯ろう流し、そしてこれからの清栄の願いを込めての夏祭り。秋へ向かう季節の折り返し地点として、皆様の心に共にあるイベントとなるよう、実行委員一同、これからも励んでまいります。

~ The origin tracing back to the Edo period~

During the Horeki, Tenmei, and Tenpo eras in the Edo period, numerous cold-weather periods and catastrophic crop failures caused hundreds of thousands of people in Tohoku, including the Sendai and Date domains, to die of starvation. Many people (including those from outside the Date domain) sought food and gathered near the Hirose River. In response, the Date domain set up shelters near Hirose Bridge, providing porridge and implementing every measure possible. However, a large number of people—some accounts say hundreds of thousands—weakened and met their end there.

 

To memorialize these people who met such tragic deaths, it is said that Kanshinin, the wife of the 7th lord of the Date family, Shigemura, founded the Togenin Temple near the Hirose Bridge and began the lantern floating ceremony. Ever since, following the tradition of the “Kawasegaki” memorial service for the spirits who perished in water accidents on July 16 of the Buddhist Obon, the lantern floating has continued every year.

 

 

 

〜Lantern floating today and in the future〜

The lantern floating event has been held since the Edo period, and starting in the Showa era, firework displays were held concurrently, becoming a symbol that heralds the end of summer and one of the largest summer festivals in Sendai. 

 

Although it was forced to temporarily halt in Showa 53 (1978), the citizens rose up to “bring back the liveliness of summer!” The event was revived in Heisei 2 (1990). Driven by a desire to turn this historical, prestigious event into a regional tradition, the Nagamachi and Kawaramachi shopping streets and the neighborhood associations located around the Hirose River are central to the operation, holding it annually on August 20, in accordance with Sendai’s traditional Obon on the lunar calendar.

As a seasonal tradition moving toward autumn, we, the executive committee, will continue to strive to make it an event that resonates in everyone’s heart.

 

情報

■ ステージ出演者

※ 現在、新規でのステージ出演者募集は致しておりません。

comingsoon.png

*****

​****

comingsoon.png

***

****

comingsoon.png

****

****

IMG_5433.jpeg

■Access

広瀬橋〜宮沢橋付近の広瀬川の河原が会場です

◼︎仙台市営地下鉄南北線「河原町駅」南1出口徒歩3分

◼︎仙台市営地下鉄南北線「長町一丁目駅」北1出口徒歩10分

当日は、付近の車両の交通規制が行われます。

駐輪場も大変混雑が予想されます。

ご来場される際には公共交通機関等のご利用をお願い致します

 

※当日、会場付近でのドローン使用は禁止です

The venue is the riverbank of the Hirose River around and in between Hirose Bridge and Miyazawa Bridge.

◼︎ 3-minute walk from Kawaramachi Station South 1 Exit of the Sendai Subway Namboku Line

◼︎ 10-minute walk from Nagamachi Itchome Station North 1 Exit of the Sendai Subway Namboku Line

 

On the day of the event, traffic restrictions will be implemented around the venue.

The bicycle parking lot is expected to be very crowded.

We encourage you to use public transportation to visit the venue.

 

*The use of drones near the venue on the day of the event is prohibited.

灯ろう引換券

■ 灯ろうを流したい方 ■

For those who want to float lanterns

■ 灯ろうは宗教・宗派は問いません

  • 「広瀬川灯ろう流し 光と水とコンサートの夕べ」では、皆様の思いを添えて流すことを大事と考えています。

  • 故人を偲ぶ、日頃の無事を願う、あるいは心を落ち着けて一区切りをつけるなど、あなたの心を添えて灯ろうを燈すことを大切にしております。

■ There is no religious restriction for participating in the floating lantern  events.

  • At the Hirose River Lantern Floating—Evening of Light and Water Concert, we believe the important thing is the act of floating lanterns with your thoughts.

  • Whether remembering the deceased, wishing for everyday safety, or calming your mind and reaching a resolution, we value the act of lighting lanterns with your emotions attached.

■ 購入方法と当日の引き換えについて

  • 灯ろうを流されたい方、天燈を上げたい方は、下記の販売店・Online Shopにて「灯ろう引換券」をご購入下さい。

  • 引換券に付属の供養・祈願用紙に「○○供養」や「家内安全」等の願い事を書き、当日会場までお持ち下さい。

■ 金額

・通常の灯ろう 
   前売 1,800円  当日 2,000円

・新盆用 
   前売 2,700円  当日 3,000円
 

■ About purchasing methods and exchanging the ticket for lanterns on the day

  • If you wish to float a lantern or launch a sky lantern, please purchase lantern exchange tickets exchange tickets at the stores below or our Online Shop.

  • Please write your wishes, such as "Memorial Service for xxxxx" or "Safety of Family" on the paper for memorial services and prayers, attached to the exchange ticket, and bring it to the venue on the day.

・Regular lanterns

  In Advance: 1,800 yen   On the day: 2,000 yen


For first Bon

  In Advance: 2,700 yen   On the day: 3,000 yen

■協賛

仙台商工会議所

公益財団法人瑞鳳殿

伊達家伯記念會株式会社

​一般社団法人仙台仏教会

■助成

​仙台市

■後援

国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所・宮城県・宮城県教育委員会・仙台市教育委員会

公益財団法人 仙台観光国際協会・秋田県湯沢商工会議所 ・NHK仙台放送局・tbc東北放送・仙台放送

ミヤギテレビ・khb東日本放送・エフエムたいはく・Date fm ・河北新報社・朝日新聞仙台総局

読売新聞東北総局・産経新聞社仙台支局・毎日新聞仙台支局・日本経済新聞社仙台支局・JR長町駅NPO法人広瀬川の清流を守る会・NPO法人広瀬川ボートくらぶ・東和プロネッツ株式会社

bottom of page